Sアトリエの授業の特徴





1)絵を描く力、絵を観る力、絵を考える力を大切に育みます。

Sアトリエでは講師が一方的に絵の書き方などを教えるのではなく、一人一人の魅力や個性を伸ばしていくことを第一に考えて生徒に接しています。

絵にじっくり取り組める環境と長年培ってきた授業カリキュラムでがあるので、入学した時には自分では想像もしなかった素敵な絵が描けるようになる人が大勢います。




2)実技中心の授業スタイル。

Sアトリエでは、アトリエで実際に絵を描く授業がほとんどです。
きちんと通うと、絵を描く経験が自然に積み重なって確実に実力がついていきます。楽しみながら絵を学んでいきます。




3)創作活動の可能性を広げるワークショップ。

Sアトリエでは、個人の創作活動をサポートする体験型のワークショップを定期的に開催します。
絵画技法、手製本、デザインの3つの分野から、普段の授業ではカバーできないもの、知っておくと役立つものなどをお届けします。


授業の種類

・クロッキー

・アートワーク

・イラストレーション

・ワークショップ


croquis : TAKESHI MIYAGI

 クロッキーの種類
 ・Fashion ...... 服を着たモデルを描きます。
 ・Body ...... 裸体のモデルを描きます。
 ・Group ...... 生徒を描きます。
ART WORK
アートワーク


月に2回。
アトリエで 描きます(サイズ 四六判半切)
毎回授業時間を30分延長して、講評とディスカションを行います。
art work : HAYATO HIGASA 「帰郷」F100号
Illustration
イラストレーション


月末に1回(合同授業)
月初に課題を発表し、月末までに自宅で仕上げて、講評とディスカッションを行います。
※アートワークと異なり使用目的が明確な絵を描く力を養います。
後半では、仕事を受注したと想定した課題も出します。
illustration : MICHIKO HIROKAWA「ボローニャ国際絵本原画展入選作品」
WORKSHOP
ワークショップ


アンケートで要望の多かった3つのコンテンツを、気軽に参加できるワークショップ形式で2月に一度開催します。
テーマは体験&チャレンジ。遊び心。馴れ親しむ。毎月1つのワークショップを開催します。

・絵画技法
・手製本
・デザイン
※ディスカッションは生徒同士で描いた技法や狙い、表現方法、素敵だと思う点などを話し合うことで、絵に対する気づきと理解を深める効果があります。講師が進行役を務めます。
※授業スケジュールはHPでお知らせいたします。
YEAR SCHEDULE
年間予定



5月  入学オリエンテーション(春期新規入学)

7月  コース交流イベント

9月  写生合宿

10月 入学オリエンテーション(秋期新規入学)

11月   コース交流イベント

3月  卒業作品展

4月  Sアトリエ展覧会 
    ※2018年度から開催予定
    アート部門・イラストレーション部門



そのほか
・美術館ツアー
・ゲスト講演会
などを予定
VACATON
休講日


夏休み 8月13日(日)  ~ 8月19日 (土)

予備日 10月22 日(日)~10月28日 (土)

冬休み 12月24日 (日)~  1月6日 (土)

予備日  4月22日  (日)~  5月5日 (土)

Other Contents

Back to Top