Sアトリエについて


 Sアトリエにようこそ


Sアトリエは、絵を描くことが好きな人や 絵の道に進みたいと願う人たちのために、思う存分に絵を学び探求していける素敵な場所を作りたいという同じ志を持つ講師3名で立ち上げました。

 

ここでは
純粋に絵を描きたいと思っている人、
イラストレーターを目指している人、
アーティストとして活動をしていきたいと考えている人、
絵を描き続けていく場所を求めている人、
それぞれが日々アトリエで絵を描きながら力を身につけ、自身も目的の足がかりを作るだけでなく、絵を通して様々なことを学び、感じ取る感性を育んでいくことを目的としています。

 

自分自身の絵を発見し、磨き、世に羽ばたいていくことは簡単なことではありません。

だからこそSアトリエは、 じっくりと腰を据えて絵と向き合う創造、模索、実践の場として、あなたにとって『特別な場所』でありたいと考えています。

 

このアトリエで出会う出来事や日々が、かけがえのないものになることを心から願い、わたしたちはSアトリエに通う大きな可能性を秘めたあなたを応援していきます。

 

 

日笠隼人   廣川美智子   宮城毅

 

SS 85 ビル(5階がSアトリエ)

Sアトリエ・スタッフ


講師

 

日笠隼人 Hayato Higasa

2003年セツ・モードセミナー入学。研究科卒業後、 2008年小学館アカデミー絵画倶楽部講師に就任。2011年にセツ・モードセミナー講師に就任し、2017年4月閉校まで講師を務める。

イラストレーター、画家として、JCB 優待ガイド表紙、フィガロジャポン25周年記念アニメーション、BEAMSファッションカタログ、SAZABY 40thイメージイラスト、装画、広告、挿絵などの仕事やHB ギャラリーでの個展など多数。1980年宮崎県延岡市生まれ。
http://sunbrella.sakura.ne.jp/index.html

 

廣川美智子 Michiko Hirokawa

1995年セツ・モードセミナー入学。長沢節に学ぶ。研究科卒業後、2001年より職員。その後セツ・モードセミナー講師に就任し、2017年4月閉校まで務める。

イラストレーション誌(玄光社) 第19回「ザ・チョイス年度賞」優秀賞。 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展入選 (2002年)。 イラストレーター、画家として、『Love Love ITALIA』(主婦の友社)著書、雑誌連載、装画、広告、ポスター、挿絵など仕事多数。1973年埼玉県浦和市生まれ。
http://michikohirokawa.blogspot.jp

 

宮城 毅 Takeshi Miyagi

2006年セツ・モードセミナー入学。メーカーやデザイン事務所などの勤務を経て、2012年研究科卒業から助手、2013年より職員。2016年セツ・モードセミナー講師に就任し、2017年4月閉校まで務める。

画家、イラストレーターとして個展(カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー、ホテル&レジデンス六本木、ギャラリー檜)や舞台公演パンフレット、広告のグラフィックデザイン、『長沢節』(河出書房)挿絵など仕事多数。1966年福岡県久留米市生まれ。
http://takeshimiyagi.com


助手

素敵な絵を描くだけでなく取り組む姿勢や人柄もいい生徒に、特別に講師のサポートを お願いしています。
基礎科で入学した人にとっては良き先輩として、いろいろ相談に乗ってあげたりもします。

 

特別科

濱崎英子 Eiko Hamazaki

織田美涼 Misuzu Oda

応用科

中村直美 Naomi Nakamura

京泉滋久 Shigehisa Kyoizumi

 

 


事務局

 小学館アカデミーSアトリエ 受付

〒104-0061 中央区銀座5-3-13  GINZA SS 85 ビル 5F
TEL:03-3572-6590(10:00-17:30 土日祝除く)

 

 


生徒インタビュー


Vol.1  基礎科 | 火・金コース | Class D

生徒
大島弓枝 岡本美穂 二本柳さくら 乗松李佳 松田茜

インタビュー
宮城毅 廣川美智子

 

Vol.2  基礎科 | 木・土コース| Class D

生徒
水口智彦 柘植名穂子 宝田芙由子 ヒルマアツシ

インタビュー
宮城毅 日笠隼人

 


生徒コメント


平野有香里(基礎科) 
この学校は、学校というより研究所。
アバンギャルドで、絵描きの集まる、かつてのモンパルナスのカフェのような場所です。

 

​絵を描くことや 祈ること 誰も知らないような計算の規則性や生きていく上で特に必要のないものたち。
でも私はそうしたものがとても綺麗で大好きです。

e-content”>絵やイラストの描画スキルあげたい人、ぜひSアトリエに来て欲しい。

めっちゃ上手くなる!

https://yukarii203.wixsite.com/-peacock-blue


雑賀信之介(応用科)

美大、専門学校とはちょっとちがう感じの学校です。

 

学費も(美大、専門学校に比べたら)安い、都心寄りに住んでて絵の勉強がしたい、という方にはとくにおすすめかもしれません。

 

都心寄りでなくても(時々)通っている私です。

 


新田誠一(特別科)

最終日の3/18に「Sアトリエ基礎科生 卒業制作展」を観に行きました。
タブローをまず一通り観させていただいたのですが、ひとりひとり魅力的な作品で自分もよい作品を描かないとなぁと思いました。

 

– クロッキーは月一回合評を行なっているので都度都度生徒同士お互いの作品は観てはいるのですが改めてそれぞれ捉え方が違っていておもしろいなぁとか自分と同じ構図で描かれた作品の比較をしたりして楽しめました。

 

– 講師の方々の作品もすばらしく、それから懐かしい作品(セツで飾られてたのを昔観たなぁとか)があったりと楽しめました。

 

– 授賞式、卒業式展と観させていただいたのですが、良い時間を過ごせました。

 

 


松田麻里(特別科)

Sアトリエのデッサンはモデルさんを360°好きな方向から描ける。

10分デッサンはモデルさんの周りを1周してから描くようにしている。

いいところが見つかっても、なるべくガマンして1周。

なるべくね。

松田麻里

https://twitter.com/Maritaro339

 


大島弓枝(基礎科)

卒展で展示したファッションクロッキー3枚。
.
いつも素敵なファッションとポーズで私たちを魅了するモデルさんたち。ありがとうございます。
.
今まで何枚描いたか数えてはいないけれど、1年前より少しは上達したのかしら…?
クロッキー
. 卒業とはいえ、基礎科の卒業なので、引き続き応用科へ通う予定です!