Sアトリエへようこそ

Sアトリエは、絵を描くことが好きな人や 絵の道に進みたいと願う人たちのために、思う存分に絵を学び探求していける素敵な場所を作りたいという同じ志を持つ講師3名で立ち上げました。

 

ここでは
純粋に絵を描きたいと思っている人、
イラストレーターを目指している人、
アーティストとして活動をしていきたいと考えている人、
絵を描き続けていく場所を求めている人、
それぞれが日々アトリエで絵を描きながら力を身につけ、自身も目的の足がかりを作るだけでなく、絵を通して様々なことを学び、感じ取る感性を育んでいくことを目的としています。

 

自分自身の絵を発見し、磨き、世に羽ばたいていくことは簡単なことではありません。

だからこそSアトリエは、 じっくりと腰を据えて絵と向き合う創造、模索、実践の場として、あなたにとって『特別な場所』でありたいと考えています。

 

このアトリエで出会う出来事や日々が、かけがえのないものになることを心から願い、わたしたちはSアトリエに通う大きな可能性を秘めたあなたを応援していきます。

 

 

日笠隼人   廣川美智子   宮城毅

 

SS 85 ビル(5階がSアトリエ)

 


生徒コメント


平野有香里(基礎科) 
この学校は、学校というより研究所。
アバンギャルドで、絵描きの集まる、かつてのモンパルナスのカフェのような場所です。

 

​絵を描くことや 祈ること 誰も知らないような計算の規則性や生きていく上で特に必要のないものたち。
でも私はそうしたものがとても綺麗で大好きです。

絵やイラストの描画スキルあげたい人、ぜひSアトリエに来て欲しい。

めっちゃ上手くなる!

https://yukarii203.wixsite.com/-peacock-blue


雑賀信之介(応用科)

美大、専門学校とはちょっとちがう感じの学校です。

 

学費も(美大、専門学校に比べたら)安い、都心寄りに住んでて絵の勉強がしたい、という方にはとくにおすすめかもしれません。

 

都心寄りでなくても(時々)通っている私です。

 


新田誠一(特別科)

最終日の3/18に「Sアトリエ基礎科生 卒業制作展」を観に行きました。
タブローをまず一通り観させていただいたのですが、ひとりひとり魅力的な作品で自分もよい作品を描かないとなぁと思いました。

 

– クロッキーは月一回合評を行なっているので都度都度生徒同士お互いの作品は観てはいるのですが改めてそれぞれ捉え方が違っていておもしろいなぁとか自分と同じ構図で描かれた作品の比較をしたりして楽しめました。

 

– 講師の方々の作品もすばらしく、それから懐かしい作品(セツで飾られてたのを昔観たなぁとか)があったりと楽しめました。

 

– 授賞式、卒業式展と観させていただいたのですが、良い時間を過ごせました。

 

 


松田麻里(特別科)

Sアトリエのデッサンはモデルさんを360°好きな方向から描ける。

10分デッサンはモデルさんの周りを1周してから描くようにしている。

いいところが見つかっても、なるべくガマンして1周。

なるべくね。

松田麻里

https://twitter.com/Maritaro339

 

 


大島弓枝(基礎科)

卒展で展示したファッションクロッキー3枚。
.
いつも素敵なファッションとポーズで私たちを魅了するモデルさんたち。ありがとうございます。
.
今まで何枚描いたか数えてはいないけれど、1年前より少しは上達したのかしら…?
クロッキー
. 卒業とはいえ、基礎科の卒業なので、引き続き応用科へ通う予定です!

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存