Q & A

よくある質問と回答



(質問1半年後の11月に入学したいのですが、その時は入学金はかかりますか?

はい。かかります。
2017年11月の入学の場合の入学金は30,000円(税別)、2018年からは通常の120,000円(税別予定;検討中)となります。




(質問2見学会に参加できないのですが、入学することはできますか?

はい。できます。
見学会に参加できない方で入学ご希望の方は、メールでその旨ご連絡ください。
入学の手順をご案内いたします。




(質問3絵を本格的に勉強したいのですが、専門的に学んだことがないので心配です。

心配することはありません。
Sアトリエは実践的な授業がほとんどです。アトリエで描くことを積み重ねていくと、みなさんどんどん上達していきます。わからないことがあれば、その時その場で講師に聞くことができます。
繰り返していくうちにどんどん描けるようになっていきますのでご安心ください。みなさん授業に出席している人は確実に変化していきます。実践的な授業ならではです。




(質問4)Sアトリエ通った時のメリットや特徴を教えてください。

Sアトリエでは、楽しくかつ実践的に絵を学んでいける授業スケジュールが組まれています。

それによって基礎科を卒業するまでに、自分では思いもよらない絵を描く力と絵を観る眼を身につけることができます。その理由は(質問3)にもあるように授業でたくさん’描くこと、観ることを繰り返すからです。
絵を学び始めた時に一番必要なことは、たくさん描くことと、たくさんいい絵を観ること、そしていい仲間と触れ合うこと、この3つがSアトリエでは経験できます。

基礎科の授業には応用科、特別科の人たちも参加しますので、講師や同期以外に、先に学んでいる人とも大勢交流できますのでいい環境だと思います。

さらに勉強したい場合は、応用科、特別科というクラスがありますので、格安の料金でじっくり自分の絵を追求、かつ育んでいくことができます。





(質問5応用科、特別科で2年間学んで、もっと絵を描きたい場合はさらに通うことは可能ですか?

はい。可能です。
例えば、応用科をクラスHまで通い、さらに応用科に通いたい場合は、クラスE2から通えます。その後クラスF2,クラスG2,クラスH2まで通い、さらに通いたい場合はクラスE3,クラスF3〜というように継続して通学できます。特別科も同じです。

※2018年からは新規入学の募集を行います。継続通学をご希望の場合は、新規の募集が終わってから追加募集という形を取らせていただく可能性がございますが、可能な限りご要望にお応えしたいと考えております。




(質問6)応用科の場合、例えばアートワークだけ、たくさん参加することは可能ですか?

はい。可能です。
応用科、特別科の方は学びたい授業
(クロッキー、アートワーク、イラストレーション、ワークショップ)に、自由に出席できます。




(質問7日曜日のアートワークのタイムスケジュールはどうなっていますか?

日曜(コースⅢ)のアートワークは、2時間の授業時間の後に約30分の講評&ディスカッションを行いますので、後半の授業開始時間がクロッキーの時に比べて、30分ずれます。スケジュールは下記の通りです。

15:30-17:30 アートワーク(2時間)
17:30-18:00 講評&ディスカッション(30分)

休憩(18:00-18:30)

18:30-20:30 アートワーク(2時間)
20:30-21:00 講評&ディスカッション(30分)




(質問8画材は購入できますか?

クロッキーの授業の時は、クロッキー用紙をアトリエで購入できます。
(基礎科の人は授業料に画用紙代が含まれていますので無料)

アートワークの授業の時は、水彩紙をアトリエで購入できます。
(基礎科の人は授業料に画用紙代が含まれていますので無料)

それ以外の画材は販売しておりませんので、各自でご用意ください。
・クロッキーの授業では、鉛筆、消しゴム、クリップなど。
・アートワーックの授業では、絵の具、筆、パレット、筆洗、雑巾など。
安く購入できるお店も紹介しています。




(質問9コースは途中で変更することは可能でしょうか?

はい。可能です。
仕事や家庭環境の都合など、明確な理由があれば大丈夫です。




(質問10入学した後に休学することは可能ですか?

はい。可能です。
期限は設けていません。
復学した時に入学金もかかりません。




Other Contents

Sアトリエについて
About S. ATELIER
入学案内
Guidelines of Applicants
Sアトリエの入学案内
授 業
Lesson
New <見学会>受付中
School Tour
Make a tour of S. Atelier.
Back to Top