よく受ける質問をまとめてみました。
これ以外にも質問がございましたら、メールや見学会、体験会などでお気軽にお問い合わせください。


質問 1 絵を本格的に勉強したいのですが、専門的に学んだことがないので心配です。

Sアトリエの授業は実技が中心ですので、アトリエで描くことを積み重ねていくことでみなさんどんどん上達していきますのでご安心ください。

最初不安だと感じる方もいますが、取り組んでいると半年前後で顔つきが変わっていく人が多いです。絵を描くことが好きならきっと夢中になれると思います。授業に出席している人はみなさん確実に変化していきます。実技中心の授業ならではです。



質問 2 Sアトリエの特徴やメリットを教えてください。

Sアトリエは、実技中心の授業で楽しく本格的に絵を学んでいけるスケジュールが組まれています。
授業でたくさん描くことと、講評などで他の人が描いた絵を大量に観ることを積み重ねていくので、基礎科を卒業するまでには、絵を描く力と絵を観る力が自然に身につきます。

絵を学ぶ上で大事なことは、1.たくさん描くこと、2.たくさん観ること、3.いい仲間と影響し合うこと、と考えています。Sアトリエにはこの3つが存分にできる環境があります。




質問 3 )上手くなれるか不安です。

入学した人のなかには、今までになかなか上達していかない人もいましたが、アトリエで描き続けることでみなさん必ず変わっていきます。描くほどに自分の良さ、持ち味が出てきます。

早く上達していく人もいますが、時間がかかる人もいます。それぞれがひとつの個性です。Sアトリエには、みなさんひとりひとりが確実に変化していくことができる環境がありますのでご安心ください。




質問 4 )絵の道に進むか決めかねています。それでも通って大丈夫でしょうか。

入学する人は本格的に絵の道に進みたいと考えている方が多いですが、絵を楽しんで描きたいという目的で入学する方もたくさんいます。そういう人の方がリラックスしていていい絵を描くこともあります。

本格的に目指している人、絵を描くのが純粋に好きな人、自分の可能性を広げたい人など、さまざまな目的の人が通っていますので、それぞれが思わぬところからいい影響を受けられます。

また、アトリエ見学や無料授業体験に申し込まれることをお勧めいたします。




質問 5 )年齢層はどれくらいですか。

20代前半から60代の方までいらっしゃいます。現在70名ほどの方が在籍しています。




質問 6 )どんな人が通っていますか。

会社員の方、OLの方、主婦の方、アルバイトをしながらの方、大学生、ダブルスクールの方、姉妹、ご夫婦で通われている方など様々です。

群馬や福島など近隣の県から通われている方や、Sアトリエに通うために上京してきた方もいらっしゃいます。
共通しているのは、みなさん絵が好きで熱心で素敵な方です。




質問 7 ほかのコースの人と会うことはありますか。
定期的にコース交流イベントや授業授業を開催していますので、ほかのコースの同期の人とも交流できます。
交流イベントには銀座スケッチや風景写生会、交流授業にはGroup CroquisとIllustrationがあります。

また、授業には応用科、特別科も出席しますので、先に学んでいる先輩とも交流できます。




質問 8 基礎科を終了したあとも通うことはできますか。

基礎科を卒業するとき、もっと勉強したいと思った人は応用科に進むことができます。

応用科は授業料も半額以下になり、すべての授業に出席できます。
じっくり自分の絵を追求するためのアトリエとして活用することができます。




質問 9入学を検討しているのですが、途中からでも可能ですか?

可能です。
ただし、授業料と入学金のお支払いは一括払いとなります。(授業料は半年分)
日割りなどの設定はございませんのでご了承ください。




質問 10 入学金はいくらになりますか?

2018年からは入学金35,000円(税別)となります。




質問 11 経験者ですが、応用科から入学することはできますか?
 
2018年からSアトリエに入学ご希望の方は、経験を問わずみなさん基礎科からとなります。




質問 12 日曜日に通いたいのですが、アートワークの時のタイムスケジュールはどうなっていますか?

日曜コースのアートワークは、授業時間(2時間)で描いた後に約30分の講評&ディスカッションを行います。
スケジュールは下記の通りです。

15:30-17:30 アートワーク(2時間)
17:30-18:00 講評&ディスカッション(30分)

休憩(18:00-18:30)
18:30-20:30 アートワーク(2時間)
20:30-21:00 講評&ディスカッション(30分)




質問 13 仕事で18:30に間に合わなそうなのですが、遅刻しても通えますか? また、講評などで遅くなるときは早退しても大丈夫でしょうか?

大丈夫です。仕事などで遅れて来る方もいらっしゃいます。それでも通いたいという熱心な方は歓迎いたします。早退も構いません。





質問 14 画材の購入はどのようにすればいいのでしょうか?

基礎科はクロッキーの授業で使用する画用紙とアートワークの授業で使用する水彩紙は無料です。
授業に出席した時にもらえます。

●クロッキー......画用紙:サンフラワーA画 (八切り)100円(8枚)
●アートワーク......水彩紙:マーメイド(四六判半切)200円(1枚)

応用科、特別科はアトリエで購入できます。あるいはご自身で好きなものを持参してもかまいません。

※画用紙、水彩紙以外の画材は販売しておりませんので、各自でご用意いただきます。
・クロッキー......鉛筆、消しゴム、クリップなど。
・アートワーク......絵の具、筆、パレット、筆洗、雑巾など。

※安く購入できるお店やオススメの画材を紹介しています。講師にお気軽にお尋ねください。




質問 15 コースは途中で変更することは可能でしょうか?

可能です。
コース変更は半年ごとにできます。
また在学中の変更は、仕事や家庭環境の都合など明確な理由があればできるかぎり対応いたします。




質問 16入学した後に休学することは可能ですか?

可能です。
期限は特に設けていません。
講師にお伝えください。書類などの手続きは必要ありません。
戻ってきと時に入学金はかかりません。




質問 17 応用科で2年間学んで、もっと絵を描きたい場合はさらに通うことは可能ですか?

可能です。
通学期限は設けていません。

※2018年からは新規入学の募集を行います。継続通学をご希望の場合は、新規の募集が終わってから追加募集という形を取らせていただく可能性がございますが、可能な限りご要望にお応えしたいと考えております。




質問 18 )応用科に進んだら、例えばアートワークだけたくさん参加することは可能ですか?

可能です。
応用科はすべての授業(クロッキー、アートワーク、イラストレーション、ワークショップ)に出席できますので、自分で授業を選べます。アートワークをもっとやりたい、クロッキーだけ描きたいなど、自分の目的に合わせて活用できます。

応用科で腰を据えてじっくり自分の絵を作っていき、上達していく人をたくさんみています。





Other Contents

Back to Top